メッシュフェンスを選ぶ時の注意点

メッシュフェンスは、どこにでも見かけられるようになっていますが、代表的なものだと、鉄やアルミを、網目状にして作って塗装をし、組み立てて作り上げています。メッシュフェンスを、選ぶ一番の決め手は、コストが抑えやすいというところです。価格が抑えられることで、住宅販売の境界線として新たに作ることや、フェンス設置の長さが著しく長い場所や、公園の柵や、エクステリア、ガーデニング用のフェンスなど、使用用途がたくさんあって、インテリアとしても使われています。メッシュフェンスには、どのような素材が使われていて、デザインなど、種類があるのかなど、メッシュフェンスを使うための、メリットやデメリットなど、どんなことに気を付けて選ぶべきか、注意する点がありますので、いくつか挙げていきます。

メッシュフェンスの素材と種類について

メッシュフェンスには、どのような種類があるかというと、シンプルで、すっきりと見せてくれるのが、アルミ形材フェンスです。アパートやマンションに使われることが多く、目隠し代わりになります。デザインも横ライン、縦ライン、格子など種類豊富です。アルミ素材で、もう一つ種類があります。それが、アルミ鋳物フェンスです。繊細で、エレガントなデザインだけあって、洋風の住宅向けに合わせやすいフェンスになっています。純和風なテイストなら、和風竹垣デザインフェンスです。竹を組み合わせて作ってあるので、庭園や温泉などに使われています。そのほかにも、ガーデニングなどに使われる人口木フェンスや、スチールメッシュフェンスも使われています。このように種類が豊富なだけあって選ぶ楽しみがあるのです。

メッシュフェンスのメリットデメリット

メッシュフェンスには、たくさんの種類がありますが、メッシュフェンスの使用用途によっては、強度の弱いものもあります。また、ものによっては、開放感が得られるものもありますが、目隠し用にできているフェンスよりは中の環境がみられやすいので、安全な方法として、セキュリティを確保できるようなフェンスを選ぶようにしましょう。また、フェンスにもお手入れが必要となります。アルミ素材のものだと、油分などで汚れたりした場合は、水拭きをしたり、中性洗剤を薄めたもので軽く洗い流すなどするようにしましょう。フェンスは基本的には一直線なので、ゆがみなどがあった場合は、強度の補強や、交換をしてもらうようにしましょう。スチール素材だと、錆などが起きやすくなりますので、錆止めを使うことや、錆を落とす専用のものがあるので、メンテナンスが必要です。この点に注意をしてメッシュフェンスを選ぶようにしましょう。