色々な種類があるメッシュフェンス

家のプライバシーを守ることなどに使用されるメッシュフェンスは、色んな種類があります。シンプルなものが好きな人におすすめなのが、アルミ形材フェンスです。シンプルなラインですっきり収めることができます。繊細なデザインが好きな人におすすめは、鋳物フェンスです。目隠しや木目調には合わないのですが、レンガ作りのお家など洋風な雰囲気に合うフェンスです。和風な雰囲気が好きな人には、竹垣デザインフェンスがおすすめです。高耐久樹脂で再現された竹垣なので丈夫なのです。ほかには、ガーデニングを趣味で行う人に家庭菜園に合うフェンスとしては、人工木材を使用したフェンスでプランバシーをおしゃれに隠すこと以外にもつるつる植物を巻きつけるなどして使えるため家庭菜園とおしゃれに演出できます。

メッシュフェンスの構造について

メッシュフェンスのデザインが表現される大きな面積の部分を本体と言います。ほとんどのメッシュフェンスの幅は、2メートルに設定されています。高さは、60センチ、80センチ、100センチ、120センチと20センチの刻みで選択することができるのでフェンスを建てたい場所に合わせて設定します。柱は、メッシュフェンスと同じ高さのものを選びます。高く設定したい場合には、多段専用のものを使います。柱を埋め込む場合には、水を抜く穴が柱に空いています。端部カバーとは、フェンスの切り口の端部分をカバーする部品でデザインによっては使わないものもあります。目隠しカバーは、オプションで設置することができてブロックをフェンスの間に生じる隙間を塞ぐことができるのです。細かい設定は建てたい場所によって異なってくるので専門家に相談することで失敗を防ぐことができます。

メッシュフェンスを設置方法について

メッシュフェンスの種類を決めて高さまで決めたあと、いよいよ設置していきます。設置方法としては、最初にフェンスを設置する場所の基礎ブロックを作ります。この基礎ブロックは、ホームセンターでも幅広く売っているブロックを使用します。このときにフェンスの柱が立てられるように指定された箇所は穴を開けて他の部分にコンクリートを流していきます。一定の間隔に柱を垂直に設置していきます。このときに気をつけなければいけないのは、数ミリのずれが生じたらフェンスを取り付けることができなくなるので注意します。その後、本体を取り付けていきます。最初に柱に一時的に引っ掛けておく金具に引っ掛けてつけた後に、専用の固定金具をビスで固定していき完成させていきます。本体をつけたあとは、種類によっては、端部分キャップをつけてゆがみが生じていないことを確認したらフェンスの取り付けは完成です。

設置が簡単なので「とりあえず境界部分だけ」というような使い方も出来ます。 ターゲット層は家の修理をしたい方で、様々な種類の大工道具や建築材をお得な値段で販売しているお店です。 デザインがシンプルなので、周囲の美観を損ないません。 左官材の総合商社として、左官業に必要な材料から機材迄を取り揃え、更にエクステリア製品までを取り揃えている事が当社の強みです。 錆に強く、強度もあるので安全です。 シンプルなメッシュフェンスをお探しなら